FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクでの暮らし⑫(当時) 大使館との関係

昨日に引き続き、20年前のタイでの思い出を
少し。森野は某大手ホールセーラー(旅行会社)
のバンコク駐在員で赴任をしておりました。

旅行会社にとって一番大事なのは、お客様の安全
管理です。知らない人も多いのですが、本来日本
人が外国の地においては、常にパスポート(原本)
を携帯していなければいけないのです。が、やはり
原本を持ち歩くのは危険ですので、森野の会社では
日本出発前にパスポートのコピーを取り、コピーを
常時携帯するようにお客様にご案内しておりました。

ところがある日オフィスにお客様よりパスポートを
盗られたとの電話があり、詳細をお尋ねすると、二人
組のシンガポール人と称する女性(後におかま、男性
と判明)に声をかけられ、地図を目の前に広げて、今
の場所を聞かれている間に、デイバッグを切られてパ
スポートを盗られたとのこと。当時、日本人のパスポ
ートは、闇で高く売れたそうです。はい。

早速、日本大使館の領事部へ、森野付き添いでお客様
と向かいました。担当は、S氏。ご存知の方も多いと
思いますが、大使館は外交官だけで構成されているの
ではなく、各省庁からの出向組が多いのです。S氏は
警視庁からの出向。まぁ、日頃の心付(お中元、お歳暮
のようなもの、決してワイロではありません)が効いた
のか、帰国の為の一次渡航書(パスポートの再発給には
時間がかかる為、通常渡航書になります)がすぐに発給
いただきました。

隣の茶髪のチンピラサーファー風のお兄ちゃんも、パス
ポートを失くしたらしのですが、あの様子だと渡航書の
発給までには2~3日かかるでしょう。笑いごとではあ
りません。日頃からの信頼関係が大事なのです。この続き
は、明日の⑬で。 森野
スポンサーサイト

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。