スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄の夏期合宿特訓

先日、娘が通う中学受験の進学塾の保護者会があり
女房と二人で参加しました。今回は、夏期合宿特訓
の説明会とのことでした。6年生は、夏休み期間中
に4泊5日の合宿特訓があります。二人で塾から配ら
れた冊子を食い入るように見ました。

塾の先生から説明が進み、日程の詳細を聞いてびっくり。
移動日の初日と最終日は除き、例えば2日目などは
07時起床 朝食後、自主学習
08:40-10:20 一時限目授業
10:30-12:10 二時限目授業 昼食後
13:10-14:50 三時限目授業
15:00-16:40 四時限目授業
16:50-18:00 入浴以外は、自主学習 夕食後
18:40-21:00 自主学習
21:10-22:50 まとめテスト 23:00 就寝

ぱっと見て、森野は「んー、凄いハードだなぁ。」と思わず
つぶやいてしまいました。すると説明役の先生が、「森野さ
ん、安心して下さい。やるのはお子様で、お父様ではないの
で。」と。言われてみればその通りですが。

でも一コマ、100分の授業は、森野の大学時代の授業も一
コマ90分でしたので驚き!一日をトータルすると、11時間
以上の勉強。更にまとめテストの結果が翌朝張り出され、その
日の席順が決まるとか。正に虎の穴の訓練。凄まじいー。

小学生をここまで追い込まなければならないのかなぁ、と感じ
つつも、根性と精神論だけではなく、何かを成し遂げた結果が
秋、冬、そして本番の受験へと結びつくのだと理解しました。
今オリンピックで頑張っている日本の代表は、きっともっと凄
い追い込みを自分に課したのでしょう。ガンバレ、ニッポン!
頑張れ、娘!!  森野
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。