スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウスポー(ぎっちょ)

語源は、英語「southpaw」からの外来語で、「south
(サウス)」は「南」、「paw(ポー)」は口語で「手」を
意味する。初めて「サウスポー」の語を使ったのは、スポ
ーツ記者であるが、本塁が北西にあるのが原則のため、左腕
投手の手は南側からくりだされるとする説と、大リーグの
左腕投手にはアメリカ南部出身者が多かったとする説がある。

諸説はこれくらいにして、サウスポーは、左利き、ぎっちょ、
レフティーなどと呼ばれる。森野の母親はもともと左利きで
したが、昔の教育は厳しく、右利きに強制的になおされたそう
です。だから今でも母は、左右両刀使いで大変起用です。

森野の弟も左利きですが、不思議なことに書くこととお箸は左
ですが、野球で投げる、打つ、サッカーで蹴るは右です。左利き
には昔から器用な人が多いとの伝説があり、現代では無理やり
右利きになおさないそうです。そういえば、子供たちには、左利き
が昔より増えた気がします。

器用さでいうと母も器用ですが、弟も器用でした。左利きも器用さも
遺伝でしょうか。不器用な森野からすると、うらやましい限りです。
弟は習字も左手で器用にこなします。予備校時代の英語の先生も
左利きで、器用に黒板に英語を書いていましたね。

でも世の中は、右利き用に出来ていて、例えばゴルフクラブなどは
左利き用はとても種類が少なく、右利き有利です。冷蔵庫のドア、
固定電話機の受話器、はさみ、包丁などなど、左利きには不利な世
の中です。が、もし器用さと才能が左利きと関係しているのなら、
左利きの方の将来がとても楽しみです。純粋に右利きの森野でした。
スポンサーサイト

テーマ : どうでもいいこと。 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【サウスポー(ぎっちょ)】

語源は、英語「southpaw」からの外来語で、「south(サウス)」は「南」、「paw(ポー)」は口語で「手」を意味する。初めて「サウスポー」の語を使ったのは、スポーツ記者であるが、本塁が北
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。